引越し手続き方法のまとめ

1月ももう終わり、正月気分が抜けないでいるとどんどんきびしくなる時期、そして入学・入社など新スタートが始まる3月がやってきます。スタートに大事な引越しについてもしっかりコツを抑えておきたいものです。ここで忘れてならない引越し手続きの方法をおさらいしてみましょう。

■引越し前の手続きについて

・転出届を提出する

これは引越し前に市区町村の役所で行う手続きです。住民票を移すための書類、国民健康保険や各種福祉系の手続きもいっしょに済ませておくのが理想です。

・生活インフラ

要となる電気、ガス、水道それぞれの業者への引越し連絡は1週間前まで、引越しまであと休日は無い、というタイミングまでには出すのが一般的です。

・郵便関係の転送まとめ

引越し先に郵便物が届くように、これは意外に大事ですね。お金に関わるもの、クレジットカードなどの明細が届いてどこかに行ってしまったらショックですから、できれば住所変更、そして2次的な意味でこの転居届けを出すのが理想です。

他には固定電話があります。そして同カテゴリーで気になるのが携帯・スマホ・インターネット有線・無線など、情報社会において最も大事という方も多いかもしれません。

■引越し後の手続き

・役所へ転入届の提出

これは当然といえば当然ですが、2週間以内が原則です。

・国民年金の住所変更、国民健康保険の届出、印鑑登録

・NHK届出

ざっと考えてみてこのような感じです。しかし他にも住所を変更すべきものは多いと思います。銀行やクレジットカード、インターネットサービスを利用してすぐにできるものもあれば店舗や営業所まで出向かなければならないものもあります。すぐにリストアップできればいいですが、情報がバラバラの方は要注意です。

最新投稿

  • 女性とダンボール

    引越し手続き方法のまとめ

    1月ももう終わり、正月気分が抜けないでいるとどんどんきびしくなる時期、そして入学・入社など新スタートが始まる3 …